第4期アローバース 紹介と感想

 『アロー』から始まったアローバースも遂に4年目。『スーパーガール』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』が放送開始し、『コンスタンティン』がアローバースに編入し、アニメ『ビクセン』の主人公が実写デビューしたという記念すべき年。更に言えば、『アロー』の主人公が原案コミックと同じく“グリーンアロー”を名乗ったという、非常にたまらん年になったわけです。自分の場合は、日本最速で觀れるAXNで毎年好きで追ってきたので、尚更たまらない。

 ……と、あまりにたまらないので、稚拙ながら第4期アローバースとなる『アローS4』『フラッシュS2』『レジェンド・オブ・トゥモローS1』『スーパーガールS1』の紹介を交えつつ、このたまらなささを文字にしてみる次第です。

 ここで一応、アローバースについて説明。

 アローバースとは、映画『アイアンマン』『アベンジャーズ』のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や、映画『バットマンvsスーパーマン』『スーサイド・スクワッド』のDC・エクステンデッド・ユニバース (DCEU)のように、複数の作品間で共有されている世界観の名称。

 アローバースを構成する主な作品は、TVドラマ『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『Legends of Tomorrow/レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』、アニメ『VIXEN/ビクセン』『Freedom Fighters: The Ray』。本編とは矛盾点もあるようですが、コミカライズやノベライズもあります(未読)。原作はDCEUと同じくDCコミックス

 アローバースの大きな特徴は、TVドラマ四作品を相互に絡ませつつ同時進行させているところ。『アロー』の登場人物が敵を追って『フラッシュ』に登場したり、フラッシュが『スーパーガール』に助太刀に現れたり。「フラッシュS1 Ep1」と「アローS3 Ep8」、「フラッシュS2 Ep8」と「アローS4 Ep8」では、それぞれが前後編となっています。

 そして、もう一つ大きな特徴は平行世界設定。『アロー』『フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』はアース1と呼ばれる世界が舞台ですが、『スーパーガール』はアース38と呼ばれる世界が舞台となっています。DCEUや『GOTHAM/ゴッサム』など他のDC作品がどうなのかは不明なものも、90年代のTVドラマ『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』は平行世界の一つである模様。2015年に打ち切られたTVドラマ『コンスタンティン』は、打ち切り後にアース1が舞台だったという事になりました。

 これからアローバースを順に観たい方は、ネットで探すと各作品の各話をまとめて時系列順に並べたリストがあるのでそれを参考にするか、アローS1(第1期) → アローS2(第2期) → アローS3(第3期) → フラッシュS1(第3期) → スーパーガールS1(第4期) → アローS4(第4期) → フラッシュS2(第4期) → レジェンドオブトゥモローS1(第4期) という視聴順が個人的にはオススメ。

以下、第3期以前のネタバレあり。第4期の内容にも少々触れているので、ネタバレを気にする方は要注意。

◯『ARROW/アロー』シーズン4

これまで: 海難事故で死んだと思われていた大富豪のボンクラ息子、オリバー・クイーンが事故から5年を経て、故郷の街に帰還する。壮絶な5年間の中で望まずして手に入れた殺人スキルを活かし、オリバーは“フードの男”として犯罪との戦いを開始。だが、巨悪の企みを食い止め切れず、大勢の人々を死なせる結果を迎える(S1)。 後悔の念に苛まれたオリバーは、心を改め、人々を救う為に戦うことを決意。たとえ悪党でも命を救おうとするようになる(S2)。 やがて“フードの男”は、人々からヒーロー“アロー”として認められるようになる。一方で、オリバー自身はアローとして生きるか、オリバー・クイーンとして生きるかのジレンマに陥る。そんな中、現れた偽アローよってアローの名が地に堕ちる事件が起こる。アローの名を手放し、オリバー・クイーンとして偽アローから街を救ったオリバーは、仲間たちに街を託し、愛する者と共に街を去る(S3)。

シーズン4: オリバー不在の間に街は、謎の集団H.I.V.E.のテロ行為によって地獄と化していた。仲間たちはオリバーを呼び戻し、オリバーも街の現状を目の当たりにしたことで再び戦うことを決意。そして、オリバーはアローに代わる名“グリーンアロー”を名乗り、宣言する――自分が街の希望になろう――と。しかし、H.I.V.E.の首領ダミアン・ダークは冷酷にも標的をオリバー、そしてオリバーが大切にする人々へと定めていく。

 DCコミック『グリーンアロー』が原案のアローバース第1弾。バットマンやスーパーマンほどの超メジャーキャラではないグリーンアローが最初のヒーローなことがポイント。当初「ノーラン版バットマンとライミ版スパイダーマンを混ぜたような」と言われていた作風も、シリーズが続くに連れて独自の色を帯びていった。最もアローバースの変化を堪能できる作品だと言える。

 この作品は、超能力者でもなければ真っ当な人間でもない主人公が、犠牲を払いつつもヒーローに成長していく姿が魅力。VFXに頼らない生身のアクションも観ていて飽きない。アローバース作品はどれもメロドラマ要素がクドめで、暗い作風であるアローは特にそれが顕著だけど、自分にとってはそれを差し引いても魅力の方が上回るぐらい。

 シーズン1で悪との戦いを始め、シーズン2で人を救う為の戦いを決意し、シーズン3で二つの顔を持つことを見つめ直したオリバー。そして、今回のシーズン4はこれまでの伏線が全回収されるシリーズの総決算的内容。覆面のヒーローとしてだけでなく、素顔の政治家としても人々の助けになろうとし始めたオリバーが、過去最凶の敵を前に、自身の内なる闇と対峙することになる。やがて彼が辿り着いた“グリーンアロー”というヒーロー。「人々にとって、ヒーローとは」も描かれ、最終話は個人的に過去最高の感慨深さだった。

 自身が理想とするヒーロー像に近づく一方、自身が否定してきた面も露わになってしまったオリバー。そんな切なくも正と邪の両方を抱えたオリバーは、やはり他のヒーローにない魅力を持ってると思える。今シーズンは何かと「希望」という言葉が出るけど、オリバーがこれまで経験してきたことを思えば、陳腐な言葉には感じなかった。

 オリバーだけでなく、テアとローレルの成長っぷりも良かった。市長になると言い出した兄を健気にサポートするテアに、元婚約者としてオリバーの良き理解者になっているローレル。オリバーとテアの仲の良い兄妹っぷりは勿論、シーズン4のオリバーとローレルの関係性が自分はこの上なく好き。

 シーズン4は、専業主夫の才能を開花させてたオリバーとか、「市長を目指す」と言ったら仲間達ほぼ全員に正気を疑われるオリバーとか、小ネタの多さも楽しかった。

◯『THE FLASH/フラッシュ』シーズン2

これまで: 最先端科学の研究施設S.T.A.R.ラボの事故によって、科学捜査官の青年バリー・アレンは超スピードを授かる。幼い頃に母親を正体不明の超常的存在に殺されているバリーは、尊敬するアローの推しもあり、地上最速のヒーロー“フラッシュ”として超能力犯罪等の脅威から人々を守る活動を始める。しかし、フラッシュ誕生の裏側には、バリーの母親を殺したもう一人のフラッシュ“リバースフラッシュ”の存在があった(S1)。

シーズン2: バリーはリバースフラッシュとの戦いに勝利するも、戦いの影響で平行世界へ通じる時空間の穴が各地に開かれる。そして、平行世界アース2から、バリーの超能力の源であるスピードフォースを狙う漆黒のフラッシュ“ズーム”が現れる。

 アローS3と同時期に始まったアローバース第2弾。アローS2に登場していた面々が主役。主人公が好青年なだけあって、爽やかな青春劇という印象の作品。そして、大作アクション映画さながらの大迫力のVFXアクションが凄すぎる。シーズン1はサム・ライミスパイダーマンに近しい作風で、日本ではアローバースで一番人気があるように思える。

 アイアンマンにはキャプテンアメリカが、スーパーマンにはバットマンがいるように、アローバースにおいてはアローにはフラッシュがいる。『アロー』と『フラッシュ』は、作品自体も対の関係を意識してるのか、要素を被せつつも真逆の展開をしている印象。セットで観ていると色々発見できて面白いかも。

 例えばシーズン1のメインヴィランは、アローS1は「ヒロインの今カレの父親」で、フラッシュS1は「ヒロインの今カレの子孫」。シーズン2開始時の状況は、アローS2が「先の戦いで傷心して失踪した主人公を仲間たちが探している」なのに対し、フラッシュS2は「先の戦いによる傷心で仲間たちがチームを離れ、主人公だけが活動している」という。フラッシュS2最終話でのバリーとズームの会話にはニヤッとさせられた。

 シーズン2は更に進化したアクションと、時空間移動や神秘の力“スピードフォース”にまつわるSFミステリーが魅力。平行世界ネタも楽しかった。一方、バリーがオリバーと比べて元からヒーロー気質なこともあり、ヒーロー成長劇面では少々物足なさも。

 それにしても、この作品、アイリスを上手く動かしていかないと、今にもシスコの方がヒロインになってしまいそうだ。

◯『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン1

あらすじ: 2166年、世界は不死の存在ヴァンダル・サベッジによって破滅の時を迎えていた。時の番人タイムマスターズの一人であるリップ・ハンターは世界を救うべく掟を破り、2016年でサベッジに対抗しうる人間を集める。しかし、集められた者たちは、自分たちが「歴史にとっては小さな存在」だからこそ集められた事実を知ることになる。果たして、何者でもなかった彼らは時空間移動船ウェーブライダーを駆って、世界を破滅から救い、レジェンド=伝説になることができるのか。

 『アロー』『フラッシュ』に登場した脇役ヒーロー・ヴィランで構成される凸凹チーム“レジェンズ”の活躍を描いた作品。レジェンズは原案のないアローバースオリジナルのヒーローチームで、また主人公集合物でもないので、『アベンジャーズ』や『ジャスティスリーグ』とはコンセプトが少々異なる。何かとヒーロー同士が殴り合っていた2016年に、ヒーローとヴィランが共に巨悪に立ち向かう作品をやったのが面白い。

 物語は、チームがタイムマシンで来訪した様々な時代で悪党相手に暴れまくるというもの。整合性よりは勢い重視。内容は「スーサイドスクワッド × ドクターフー」といったところ。ノリの良さと、元は脇役な登場人物たちとオマージュ満載の物語が醸し出すB級感が、何とも楽しかった。LoT唯一の新キャラで「仲間の時の番人達に逆らって時空を守る冒険に出た男」という設定のリップ・ハンターを、『ドクター・フー』俳優にやらせる小ネタっぷりも良い。次第に育まれていく凸凹チームの絆も見所。

 このLoTは、『アロー』『フラッシュ』では所詮レギュラー以下の脇役だったキャラクターが主役なのが、個人的に何より嬉しい。特にヒートウェーブことミックはこの作品でグンと魅力的なキャラクターになっていた。ミックの今後の活躍に期待大。シーズン2は戦国時代の日本を舞台にした回もあるそうで、ますます楽しみ。

◯『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン1

あらすじ: 赤ん坊の従弟のカル=エルと共に、保護者として崩壊する母星から脱出した13歳の少女カーラ・ゾー=エル。だが、地球に向かう途中に自分だけが時間の静止した空間に囚われ、地球についた頃にはカル=エルはスーパーマンとして知られる存在になっていた。地球人の夫妻に引き取られたカーラは、亡き故郷での日々を想いつつも必死に地球に溶け込もうと努める。そんなある日、カーラは墜落する旅客機を救うべくスーパーパワーを解放し、世間から注目を浴びてしまう。これを機に、従弟のようにヒーロー活動を始めることを決意するカーラ。しかし、問題が。カーラはスーパーパワーを長い間封じ込めてきた為に上手く扱えなかったのだ。その頃、地球に潜伏していた宇宙犯罪者たちが、ある計画の為に動き出していた。

 この作品の舞台となるアース38には、アローやフラッシュはおらず、ヒーローと言えばスーパーマンただ一人。完全無欠のスーパーヒーローたるスーパーマンと比べられつつも、自分を抑圧してきたカーラが突き抜け、ヒーローになっていく姿が痛快にして爽快。普段マスコミで働く身としてカーラが人々に贈る言葉には胸を熱くさせられる。他とは独立した世界が舞台なこともあり、個人的にアローバースでは一番オススメしやすい作品。

 『スーパーガール』は今の時代に珍しいくらい前向きなスーパーヒーロー物で、観ていて凄く励まされた。主人公カーラだけでなく、カーラの義姉アレックスを始めとする脇役もとても魅力的。どのキャラも悩みや陰を抱えつつも、支え合い、前を向こうとしている。「自分を肯定すること」がテーマの一つにあったように思う。

 個人的に最も気に入ったキャラは、もう一人のヒーローとなるジョン・ジョーンズマーシャン・マンハンター。グリーンマーシャン最後の生き残りである彼は、異形の姿を地球人に化けて隠し、陰ながら第二の故郷・地球を守っていた。だが、非常事態時には地球人に嫌われることも恐れず真の姿に戻り(変身し)、スーパーマンにも匹敵する超常的な力を発揮して戦う。そんなダークヒーローっぷりが格好良かった。カーラやアレックスにとって、時に父のような存在であるのも頼もしい。


 アローバースは元々、超能力者どころかスーパーヒーローすら存在しなかった世界。現実世界と同じ状態だったわけです。

 そんな世界に遂に現れた最初のヒーローは、超能力もないのに弓矢で犯罪者に襲いかかる危険人物。まあ無賃金で悪人ぶちのめす人間なんて、危険人物なのも当然だと思ったものです(実際、劇中でも危険人物扱いされているのが個人的に良かった)。

 しかし、そんな危険人物もやがては心を改め、大切なものの為に戦い続け、本当のヒーローへ生まれ変わる。そのヒーローの影響を受けて、新しいヒーローたちも現れる。これが熱かった。更に並行して、超能力者や魔法使いなどトンデモ存在も現れる。現実に似た世界がスーパーヒーローの世界へと変化したわけです。

 この、現実世界からスーパーヒーロー世界への変移が、アローバース最大の魅力としてあるんじゃないかと思うのです。