第4期アローバース 紹介と感想

「第4期アローバース」ポスター

 『アロー』から始まったアローバースも遂に4年目。『スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』が放送開始し、『コンスタンティン』が編入し、『ビクセン』の主人公が実写にも登場したという記念すべき年。更に、『アロー』の主人公が原案作品と同じ“グリーンアロー”を名乗ったという、非常にたまらない年になったわけです。筆者の場合、日本最速で觀れるAXNで毎年好きで追ってきたので、尚更たまらない。

 ……と、あまりにたまらないので、第4期アローバースとなる「アローS4」「フラッシュS2」「レジェンド・オブ・トゥモローS1」「スーパーガールS1」の紹介を交えつつ、稚拙ながらこのたまらなさ具合を文字にしてみる次第です。

 ここで一応、アローバースについて説明。

 アローバースとは、映画『アイアンマン』『アベンジャーズ』のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や、映画『バットマンvsスーパーマン』『スーサイド・スクワッド』のDC・エクステンデッド・ユニバース(DCEU)のように、複数の作品間で共有された世界観の通称。

 アローバースを構成する主な作品は、TVドラマ『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『Legends of Tomorrow/レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』、アニメ『VIXEN/ビクセン』『Freedom Fighters: The Ray』。本編とは矛盾点もあるようですが、コミカライズやノベライズもあります(※筆者は未読)。原作はDCEUと同じくDCコミックス

 アローバースの大きな特徴は、TVドラマ四作品が相互に絡みつつ同時進行している事。『アロー』のキャラが敵を追って『フラッシュ』に登場したり、フラッシュが『スーパーガール』に助太刀に現れたりなど。「フラッシュS2 Ep8」と「アローS4 Ep8」はそれぞれが大きなエピソードの前後編となっています。

 もう一つ大きな特徴は平行世界の存在。『アロー』『フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』はアース1と呼ばれる世界が舞台で、『スーパーガール』はアース38と呼ばれる世界が舞台です。DCEUや『GOTHAM/ゴッサム』など他のDC作品との関係は示されていませんが、90年代のTVドラマ『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』は平行世界の一つである模様。2015年に打ち切られたTVドラマ『コンスタンティン』は、打ち切り後にアース1の物語だった事になりました。

 これからアローバースを順に観たい方は、ネットで見つかる全作品をまとめてエピソードを時系列順に並べたリストを参考にするか、アローS1(第1期) → アローS2(第2期) → アローS3(第3期) → フラッシュS1(第4期) → スーパーガールS1(第4期) → アローS4(第4期) → フラッシュS2(第4期) → レジェンドオブトゥモローS1(第4期) という視聴順が個人的にはオススメです。

以下、第3期以前の内容を踏まえた上での、第4期の紹介と感想。
閲読は、視聴済みの方、今から全部の視聴は大変だという方、先を知っていたほうが視聴意欲が上がるという方などに推奨。

続きを読む