第4期アローバース 紹介と感想

 『アロー』から始まったアローバースも遂に4年目。『スーパーガール』と『レジェンド・オブ・トゥモロー』が放送開始し、『コンスタンティン』がアローバースに編入し、アニメ『ビクセン』の主人公が実写デビューしたという記念すべき年。更に言えば、『アロー』の主人公が原案コミックと同じく“グリーンアロー”を名乗ったという、非常にたまらん年になったわけです。自分の場合は、日本最速で觀れるAXNで毎年好きで追ってきたので、尚更たまらない。

 ……というわけで、あまりにたまらなすぎるので、稚拙ながら第4期アローバース作品となる『アローS4』『フラッシュS2』『レジェンド・オブ・トゥモローS1』『スーパーガールS1』の紹介を交えつつ、このたまらなささを文字にしてみる次第です。

 ここで一応、アローバースについて説明を。

 アローバースとは、映画『アイアンマン』『アベンジャーズ』のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や、映画『バットマンvsスーパーマン』『スーサイド・スクワッド』のDC・エクステンデッド・ユニバース (DCEU)のように、複数の作品で共有されている作品舞台の名称。

 アローバースを構成する主たる作品は、TVドラマ『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『Legends of Tomorrow/レジェンド・オブ・トゥモロー』『SUPERGIRL/スーパーガール』、アニメ『VIXEN/ビクセン』『Freedom Fighters: The Ray(17年公開予定)』。本編とは矛盾点もあるようですが、コミカライズやノベライズもあります。原作はDCEUと同じくDCコミックス社。

 アローバースの最も大きな特徴は、TVドラマ四作品を相互に絡ませつつ同時進行させているところ。『アロー』の登場人物が敵を追って『フラッシュ』に登場したり、フラッシュが『スーパーガール』に助太刀に現れたりしています。「フラッシュS1 Ep1」と「アローS3 Ep8」、「フラッシュS2 Ep8」と「アローS4 Ep8」はそれぞれが前後編となるエピソードを行なったりもしています。

 そして、もう一つ大きな特徴は平行世界設定。『アロー』や『フラッシュ』はアース1と呼ばれる世界が舞台ですが、『スーパーガール』はアース38と呼ばれる世界が舞台となっています。DCEUや『GOTHAM/ゴッサム』など他のDC作品がどうなのかは不明なものも、90年代のTVドラマ『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』は平行世界の一つである模様。2015年に打ち切られたTVドラマ『コンスタンティン』は、打ち切り後にアース1が舞台だったという事になりました。

 これからアローバースを順繰りに観たいという人は、ネットで探すと各作品の各話をまとめて時系列順に並べたリストがあるのでそれを参考にするか、アローS1(第1期) → アローS2(第2期) → アローS3(第3期) → フラッシュS1(第3期) → スーパーガールS1(第4期) → アローS4(第4期) → フラッシュS2(第4期) → レジェンドオブトゥモローS1(第4期) という視聴順が個人的にはオススメです。

以下、ある程度はボカして書いてはいますが、ネタバレを見たくない方は注意。

続きを読む